私達の会社、丸藤をご紹介します。

昭和元年、藤田信吉が「藤信商店」の屋号で鰹節製造の店を創業。網代港に水揚げされる宗田鰹、鯖、鰯等を加工し鰹節を製造する。シーズンオフには干物を製造し、築地を始めとする魚市場に卸す。
昭和38年、藤田敏三が二代目となり、屋号も「丸藤水産藤田鰹節店」と改名。新しい工場を建設し、焼津港方面から鰹を仕入れ、より良い製品作りに力を注ぐ。
昭和61年、「株式会社 丸藤」を設立。削り節にも手を広げ、伊豆半島一円の旅館やホテルに卸すようになる。
また、宅配便の普及を機に取引先を全国に拡大し現在に至る。

社員一同、受継がれてきた技術と
すべての和食の基礎となる「だし」への
こだわりを守り、日々努力しております。



■丸藤本社・工場

■直営売店